上平寺城
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:米原市上平寺
別 名 :桐ケ城・霧ケ城・刈安尾城
築 城 :永正年間(1468〜1521)
初城主:京極高清
区 分 :山城
遺 構 :土塁,虎口,竪堀,堀切,曲輪跡
城 域 :300m×50m
     標高 666m
     比高 380m
戦 い :
大永4年(1524)
  ○浅井亮政
     VS
   ●京極清高,高慶,上坂信光
元亀元年(1570)
  ○織田信長
     VS
   ●堀秀村,樋口直房

国指定史跡


 現地への案内

 国道365号線藤川から上平寺へ
詳細位置はコチラ 

 駐車場
約5台(伊吹神社鳥居前)
【訪 城】1998年8月
【撮 影】1998年8月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


主曲輪背後の堀切・土橋

 現地の状況
 上平寺城は伊吹山の南側の山腹、弥高山の刈安尾の尾根、標高666mの地点にあり、 上平寺地区の上平寺館にある伊吹神社横から登るルートと、弥高地区の平野神社から弥高百坊(刈安尾城)を経て、上平寺城に至るルートがある。

 上平寺地区の伊吹神社からは約45分で尾根筋の城郭群に出る。道の両側になだらかな斜面を利用して、広さ20m×20m程度の削平地が第一曲輪群に7つ、堀切を挟んで第二曲輪群には削平地が5つ確認できる。

 第二曲輪群から、一段高い尾根に本丸を設けている。本丸と第二曲輪群の間には竪堀を、本丸の背後(北)には堀切を配している。

 二の丸虎口は「2折れ」で空間こそ無いが,高度な築城技術といえる。また、周囲に土塁を巡らせた二の丸の曲輪、および深い竪堀は、京極氏時代のものではなく、元亀元年(1570)に対織田戦に備えて浅井氏、若しくは朝倉氏が改修したと考えるのが妥当であろう。

 なお、京極氏の菩提寺である清滝寺徳源院には、京極道誉をはじめ京極家歴代当主の墓がある。



 城郭の歴史
 上平寺という名は、伊吹山4か寺の一つ上平寺(上平護国寺)の寺域にあることに由来している。

 上平寺は大永4年(1524)に京極氏の内紛によって焼失したが、元亀元年(1570)朝倉氏の疋田城手筒山城を落とし、金ヶ崎城を攻める織田信長に叛旗を翻した浅井長政は、江濃国境を固めるために中山道を押さえる長比城、および北国脇往還道(現国道365号線)を押さえる刈安尾城と上平寺城を改修したことが信長公記にみえる。

-----------たけくらべ、かりやす取出の事-----------
 さる程に、浅井備前、越前衆を呼び越し、たけくらべ・かりやす、両所に要害を構へ候。信長公御調略を以て、堀・樋口御忠節仕るべき旨御請なり。
------------------------------------------------

 「たけくらべ」は長比城のことであり、「かりやす」とは刈安尾城、および上平寺城のことである。また、堀とは門根城城主で浅井氏の重臣・堀次郎、樋口とは堀氏の家老・樋口三郎兵衛直房のことである。

刈安尾城から見た上平寺城




お薦めの書籍





お勧め度




HOME湖北地区

近江の城郭