近江 市三宅城
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:野洲市市三宅
別 名 : −
築 城 : −
初城主:永原出雲守孝房
区 分 :平城
遺 構 :土塁,空堀,門
城 域 :30m×40m

 現地への案内
交通機関
JR野洲駅北口前の通りを南へ、市三宅の信号を西300m、安楽寺前

JR琵琶湖線野洲駅から徒歩10分(約1km)

詳細位置はコチラ 

 駐車場
【訪 城】2001年10月
【撮 影】2001年10月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



南側の空堀と土塁
南側の空堀と土塁

 現地の状況
 市三宅城は東西約40m、南北約30mの単郭方形の城郭で、周囲には高さ1〜3mの土塁が巡らされ、南側には空堀が残っている。
しかし、西〜北〜東は住宅が隣接して建てられており、堀の確認は出来ない。
虎口は南北に2ヶ所あるが、大手は安楽寺側か。

 地主さんのお宅には、菩提寺から移築された400年前の門が残っている。見学する際は、地主さんに一言お断りするようにしたい。
土塁
土塁
移築された門
移築された門

 城郭の歴史
 永原氏の支城で永原出雲守孝房が在城していたが、永禄11年(1568)足利義昭を奉じて上洛する織田信長を阻止せんとする六角承禎に従っていたため、織田軍に攻められ、観音寺城と共に落城した。

HOME湖南地区

近江の城郭