近江 井上館

【城郭の概要】

所在地:蒲生郡竜王町鏡 
別 名 :  -
築 城 :  -  
初城主: 鏡氏 
区 分 :館 
遺 構 :土塁,堀,門跡
面 積 : 100m×60m


井上館の遠景
井上館の遠景
【一口メモ】
・交通:JR琵琶湖線JR篠原駅から約2km
     国道8号線・鏡地区から旧道を入る

詳細位置はコチラ 

・駐車:空き地を利用可
・撮影:1999年10月,2008年4月
遺構の保存状態 ★★
遺構確認し易さ ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★

★の数の多い方が良い(または、激しい)
現地の状況
 井上館は、星ガ崎城の南500〜600mほどに位置しており、茅葺きの屋根と、正面入り口には高さ3mほどの分厚い土塁、周囲には堀と、一見するだけで普通の家ではないことがわかる。(近年建て替えられ、瓦葺きの住宅になりました)

 北と東側の堀は高さ5〜6mの土塁と共に、非常に状態良く残っており、小さいながらも、中世武士の居館としての様子がよく判る。

なお、井上館には現在でも井上さんがお住まいである。

【城郭の歴史】
 
この館は、星ガ崎城主・鏡久綱が居館としていたところであり、後にその支流の井上氏が代々住居した。
井上氏は佐々木氏の出とされているが、詳細は不明。

井上館前面の水堀
井上館前面の水堀


井上館背後の空堀
井上館背後の空堀