近江 百済寺城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市百済寺町
別 名 : −
築 城 :文亀年間
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空堀,石垣
城域 :200m×200m

 現地への案内
交通機関
・国道307号線号線中里の信号を東入る、約2km
詳細位置はコチラ 

 駐車場
【訪 城】2001年5月
【撮 影】2001年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



百済寺南側の土塁と空堀
百済寺南側の土塁と空堀

 現地の状況
 百済寺城は敏満寺城と共に城砦化された寺院で、城郭寺院の典型ともいえ、百済寺の総門の左右には長大な土塁と空堀が残されている。

 総門は朱塗りであるため「赤門」とも呼ばれており、この赤門の南側には約50mにわたって残る土塁と空掘はまさに城砦の構えである。
 南に延びる土塁と空堀は途中で確認しにくくなるものの、井伊直滋墓所の裏から延々と続いている。また、赤門北側には、赤門横の道路を少し登った左手雑木林の中に土塁を確認することができ、滋賀県中世城郭分布調査委員会資料によれば、土塁は赤門南側で総延長450m、北側はは230mにおよぶとしている。
土塁の一部には空堀側斜面に石垣を積み、より堅固な作りとしている部分もある。


 本堂に至る左右の尾根の中腹には北要害,南要害と呼ばれる砦が築かれ、階段状に曲輪が認められる。
また、赤門をくぐると本堂まで両側に石垣の積まれた参道が続き、本堂は3〜4mほどもある石垣の上に建てられており、これら石垣みても百済寺が尋常な寺でないことが伺い知ることができる。

百済寺の石垣
百済寺の石垣

 城郭の歴史
 百済寺は朝鮮からの渡来系氏族といわれる秦氏によって建立された寺院で、文亀3年(1503)に六角高頼と六角氏被官の伊庭貞隆の抗争(第一次伊庭の乱)により全焼し、この復興と共に城塞化が始まったとされている。

 元亀4年(1573)百済寺は六角義弼の立て籠もる鯰江城を支援したとして、織田信長に攻められ、伽藍はことごとく灰燼に帰したとされる(信長公記)

------------------------- 以下、信長公記の元亀4年の条 百済寺伽藍御放火の事
 七月七日 信長公、御帰陣。其の日は守山に御陣取り、是れより直ちに百済寺へ御出で、二、三日御逗留あって、鯰江の城に佐々木右衛門督楯籠るを、攻め衆人数、佐久間右衛門尉・蒲生右兵衛大輔・丹羽五郎左衛門尉・柴田修理亮に仰せつけられ、四方より取詰め、付城させられ侯。近年、鯰江の城、百済寺より持続け、一揆と同意たるの由、聞こしめし及ばる。四月十一日、百済寺堂塔・伽藍・坊舎・仏閣、悉く灰燼となる。哀れなる様、目も当てられず。其の日は岐阜に至りて御馬を納められ候ひき。
-------------------------


百済寺城をもっと紹介

赤門北側の土塁
赤門北側の土塁

内法を石積みで固めた土塁
内法を石積みで固めた土塁

HOME東近江地区

近江の城郭