近江 日爪城
HOME湖西地区
 城郭の概要
所在地:高島市新旭町饗庭
別 名 : −
築 城 : −
初城主:日爪右京佐為治
区 分 :平山城
遺 構 :横堀,竪堀,土塁
城 域 :250m×100m

 現地への案内

県道588号線米井の信号を西入る、日爪区農村集落センター前
詳細位置はコチラ 

 駐車場
登城口に1台

【訪 城】2001年10月
【撮 影】2001年10月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

日爪城の横堀
日爪城の横堀

 現地の状況
 日爪区農村集落センター前にある小さな寺"慈恩寺”横の路地を入ると50mほどで、日爪城への登り口に出る。
 城域へは10分足らずで着くが、登り口に「クマの檻設置中」の立て看板が建ち、登る者の恐怖心を煽る。おまけに檻もある(^^;

 しかし、湖北や福井県、長野県なら看板に恐れおののくのだが、比良山系でクマの出没は非常に珍しく、あまり気にせずに登る。とはいいながらも、城域を観ているときも意識過剰になっている自分自身に気づいた。
 最近のクマは人里近くに降りてくることが多く、注意の喚起のためだろうが、私にとっては迷惑な立て看板だった。

 日爪城は東西の二つの曲輪群で構成され、西の曲輪を主曲輪とし、西の主曲輪群から東の曲輪群へは幅1m、長さ30〜40mほどの "一騎駆け"で接続されている。

 城域に至るまでの道を一騎掛けとするのはよくあるが、曲輪と曲輪を一騎掛けで接続している例は少なく、この背景には一城別郭の考え方が縄張りに現れているともいえる。

 主曲輪の西側には横堀と共に3条の堀切を連続して配置し、背後に対する防御意識の高さが窺える。また、東の曲輪の東側に掘られた横堀は深く見事である。
 この日爪城も元亀・天正期に浅井氏と織田氏の争いの中で改修された可能性が高い。
曲輪の切岸
曲輪の切岸

 城郭の歴史
 詳細不明

HOME湖西地区

近江の城郭