近江 林谷砦
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町
別 名 : −
築 城 :天正11年(1583)
初城主:不破勝光
区 分 :山城(砦)
遺 構 :土塁
城 域 : −
     標高 255m

 現地への案内
交通機関
国道365号線(北国街道)新堂

詳細位置はコチラ 

 駐車場
毛受兄弟の墓前に5〜6台

【訪 城】2000年6月
【撮 影】2000年6月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

お薦めの書籍

お勧め度



お勧め度





徳山五兵衛秀現の砦
徳山五兵衛秀現の砦

 現地の状況
 林谷山砦は、新堂地区の山麓にある毛受兄弟の墓塔の横から約20分ほど山道を登った位置にある。
 山の斜面にいくつかの曲輪があり、周囲には高さ1mほどの土塁が廻らされているが、曲輪の削平は甘く、その曲輪も林の中とあって砦は分かり難い。

 現地には「徳山五兵衛秀現の砦」,「毛受勝助、家照兄弟の砦」の標識が建てられているので、城郭遺構を探すよりもこれらの標識を探した方がよい。(^^)
林谷山砦から秀吉軍の砦の望む
林谷山砦から秀吉軍の砦の望む

 城郭の歴史
 天正11年(1583)賤ヶ岳の戦いに際して、柴田勝家軍の不破勝光,毛受勝助・家照兄弟,徳山五兵衛等が布陣したところで、行市山砦をはじめとして、高所に砦を築いた柴田軍の中にあっては最も低い位置に砦が築かれている。

 毛受勝助,家照兄弟は柴田軍の敗色濃厚となって、勝家が討ち死にを覚悟した際、「是にてゆいがひなき討死をなされ、名も知らぬものの手にかかり給はば、後代まで口おしかるべし。願くは北庄へ御帰陣なされ、御心しずかに御自害候へ(太閤記)」と北庄城へ落ちることを勧め、二人は勝家の馬印を持って羽柴軍を欺き、勝家が落ち延びるための時間を稼いだという。

 こうした毛受(めんじゅ)兄弟の忠義振りを称えて、明治9年(1876)滋賀県令籠手田安定(こてだやすさだ)によって、林谷山の山麓に両名の墓が建てられている。

毛受勝助,家照兄弟の砦
毛受勝助,家照兄弟の砦
HOME湖北地区

近江の城郭