近江 顔戸山城(顔戸山砦)
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:米原市顔戸
別 名 :一の城,顔戸山砦
築 城 : −
初城主:今井氏か
区 分 :山城
遺 構 :堀切,曲輪
城 域 :約300m×50m
      標高 250m
      比高 約130m

 現地への案内

国道8号線顔戸南の信号を東へ約500m
詳細位置はコチラ 

 駐車場
・駐車:人塚古墳横に駐車、2〜3台駐車可

【訪 城】2008年3月
【撮 影】2008年3月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

顔戸山城から南方を遠望
顔戸山城から南方を遠望

 現地の状況
 顔戸山城は中山道を押さえる地頭山城や太尾山城よりもやや北に位置し、北国街道や朝妻街道(箕浦〜朝妻)を押さえる標高250mの地頭山に築かれている。

 顔戸山の北側、人塚古墳付近から日撫山ハイキングコースを登ると約20分ほどで展望台に着く。
この展望台から約300mほど北に位置するピーク一帯が顔戸山城で、斜面には階段状の曲輪が確認できる。
 また、山頂は10m四方ほどの櫓台らしき高台があり、北側斜面には帯曲輪を配している。

 山頂からは、ほぼ360度の大展望が開け、北は横山城や伊吹山中腹の刈安尾城、南は地頭山城太尾山城佐和山城まで遠望することができる。こうした眺望の良さからも、顔戸山城の位置づけというものを認識することができる。


顔戸山城の主曲輪
顔戸山城の主曲輪

 城郭の歴史
 顔戸山城の南、箕浦には今井氏の居城である箕浦城があり、顔戸山城は今井氏支城であると考えられている。


HOME湖北地区

近江の城郭