近江 後藤館
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市中羽田町字後藤
別 名 : −
築 城 : − 
初城主:後藤氏 
区 分 :平城
遺 構 :門跡,石垣,土塁
面 積 :100m×120m

滋賀県指定史跡


 現地への案内
交通機関は車を利用
八風街道から羽田地区へ

 詳細位置はコチラ mapfan
駐車場
近くに空き地に駐車可

【訪 城】2000年9月
【撮 影】2000年9月

評価項目 見所評価
選地
縄張り
普請 ★★
体力消耗度
お勧め度 ★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




石垣で組まれた虎口
石垣で組まれた虎口

 現地の状況
 田んぼの真ん中に大きな石を使って組まれた石垣と土塁が残る。石積みとしては、観音寺城平井丸の大手城戸によく似た作りである。

 このような平地に残る遺構としては非常に珍しく、高く評価したいところであるが、残念ながら積み直しの跡が生々しい。(^^:

土塁
土塁

 城郭の歴史
 後藤館は近江守護佐々木六角氏の重臣後藤氏在地居館跡で、後藤氏は観音寺城を居城とする六角氏に仕え、代々の家老の要職にあり、佐生山(東近江市能登川)に居城(佐生城)を構えていた。

 16世紀中頃、後藤但馬守賢豊は六角義賢の信望を受けて権勢を振るったが、永禄6年(1563)義賢の義弼に謀殺された。
これが観音寺騒動の発端となり、六角氏は家臣団の信望を失い、やがて織田信長に滅ぼされる。後藤氏は六角氏が滅んだ後、蒲生氏に仕えた。

 この後藤氏の館跡は周囲に規定幅11m、高さ3mの土塁を築き、その外に堀を穿った単郭構造の館跡で、東西幅、東辺100m,西辺120mの変形四辺形プランを呈し、西辺土塁の中央部に正門が存した。

 当時の在地領主の館は、非常時に備えて土塁,板塀などの防御施設が設けられ、敷地内には主屋,納屋,蔵,厩などの建物が存した。
 当館跡の建物は位置は定かでないが、昭和56年発掘調査で井戸跡,厠(便所)跡,柵跡などが検出され、その位置から主要な建物は敷地内部北部中央付近にあったと推定される。

 平野部に残る中世の館として貴重であるため所有者後藤正男氏および関係機関の協力により保存が実現した。

現地案内板を一部編集




八風街道
 八風街道は東近江市の八日市から鈴鹿山脈の八風峠を越えて桑名、伊勢に抜ける街道で、中山道を使って尾張に行くよりも距離が短いため、戦国時代にはよく利用された街道で、武将だけでなく日野や八日市の近江商人や伊勢桑名の商人、いわゆる「山越え商人」が利用した。

八風街道石碑
 上記石碑は八日市の八風街道と御代参街道の交差点に建てられてたもので、以下のように記されている・

右 京 むさ 八まん道
左 いせ ひの みなくち道
裏には、
右 多賀 ゑち川 ひこね道 



HOME東近江地区


近江の城郭 近江の城郭に戻る