近江 月所丸
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町文室
別 名 : −
築 城 :元亀元年(1570)か
初城主:朝倉氏
区 分 :山城(砦)
遺 構 :土塁,堀切,堅堀
城 域 :30mm×150m
     標高 385m

 現地への案内


詳細位置はコチラ 

 駐車場
小谷城の駐車場を利用
【訪 城】2003年,2007年12月
【撮 影】2007年12月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




北方尾根の堀切
北方尾根の堀切

 現地の状況
 小谷城の六坊から北に続く“越前忍道”と称される山道を300〜400mmほども進むと月所丸につく。
月所丸は大きくは2つの曲輪で構成されるが、どちらが主曲輪か判別しにくい。

 この2つの曲輪の間には高さ2mを越える一文字土塁を尾根幅一杯に築き、各曲輪の独立性を保とうとしている意図が窺える。
また、北に続く尾根は2条の堀切で処理し北方への備えも怠りない。
 北側(越前方面)曲輪の北端には三方を土塁で囲まれた一画があるが、防御用施設と共に烽火台として使われたのではないか。
土塁
土塁

 城郭の歴史
 この月所丸は朝倉氏によって築かれたとされ、築城時期は浅井長政が信長との同盟関係と断ち切った元亀元年(1570)の越前進攻(信長による金ヶ崎城手筒山城攻め)以降であると考えるのが妥当である。

 朝倉氏が月所丸を築いた目的は、越前忍道の名前が示すとおり越前への往還確保のためであろう。


HOME湖北地区

近江の城郭