源多城
HOME甲賀地区の城
 城郭の概要
所在地:甲賀市水口町岩板
別 名 : −
築 城 :室町期
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :曲輪
城 域 : −

      比高 約30mm 


 現地への案内
交通機関は車を利用
養父神社の南
mapfan
 駐車場
空地を利用
【訪 城】2004年1月
【撮 影】2004年1月
評価項目 見所評価
選地
縄張り
普請
体力消耗度 ★★
お勧め度
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


果たして城郭遺構か(^^:

 現地の状況
 源多城を探して山中を歩き回ること30〜40分。明瞭な城郭遺構を探し出せないまま、 養父神社横の最勝寺への林道を挟んだ丘陵地斜面、比高30m〜40mの地点を源多城と特定した。

 大きな決め手はなく、僅かに人工的な地形が認められる曲輪らしき削平地の背後にある切岸をもって城郭遺構と判断した。



 城郭の歴史
 日本城郭大系には城郭遺構はないと記載されている。





HOME甲賀地区の城

 近江の城郭近江の城郭に戻る