近江 布施山城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市布施町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:布施氏
区 分 :山城
遺 構 :土塁,井戸
城域 : −
戦 い :
永禄9年(1566)
  △六角義賢
     VS
   △布施淡路守

 現地への案内
交通機関
国道421号線、布施神社信号を西入る

 駐車場
観知溜館駐車場に約30台

【訪 城】2001年2月
【撮 影】2001年2月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




主曲輪と土塁

 現地の状況
 布施山城へは布施地区にある通称「溜池」横の観知溜館(みちるかん)駐車場に車を置き、川沿いの道を200mほど西へ歩くと、小さな橋を渡った所に道はないが、比較的雑木が開けた一画がある。ここから登るのが距離的にも近い上、雑木も少なく登りやすいようである。

 約30分ほどで尾根に出る。尾根道は東西に走っているが、布施山(玉尾山または願成寺山)山頂へは東の道をとる。

 山頂には狭い面積を目一杯利用して、方形というよりは円形に近い形の主曲輪(約南北30m×東西30m)があり、南東隅には井戸(溜め井)と思われる5m×4mほどの窪地が認められる。

 主曲輪周囲には、高さ1m前後の土塁が廻らされている。この土塁は幅が相当厚く、土塁幅からすれば相当の高さがあったであろうとことが推測される。

 主曲輪の北には幅5mほどの袖曲輪を介して20m×20mの方形曲輪を配している。こちらの曲輪にも周囲に土塁を巡らせている。高さは50〜60cm程度でしかないが、主曲輪同様に土塁底の幅は相当広い。


 城郭の歴史
 布施氏は佐々木六角氏の家臣で、永禄6年(1563)の観音寺騒動後の戦い(布施山の戦い)では浅井氏に通じ布施淡路守が籠城した。

 永禄11年(1568)布施氏同族の布施三河守は、織田信長の近江侵攻の際に、この城に立て籠もり戦うが敗れて、布施城は廃城となった。
布施淡路守の子・藤九郎は上大森に住み、織田信長に仕えた。
HOME東近江地区

近江の城郭