近江 福寿丸
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:東浅井郡湖北町伊部
別 名 : −
築 城 : −
築 城 :浅井福寿庵惟安か、朝倉氏か
区 分 :山城(砦)
遺 構 :土塁,空堀,竪堀
城 域 :30m×50m

 現地への案内
交通機関
国道365号線(北国街道)湖北町伊部

詳細位置はコチラ 

 駐車場
清水神社前に5〜6台

【訪 城】2000年10月
【撮 影】2000年10月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



虎口横の空堀
虎口横の空堀

 現地の状況
 福寿丸は大嶽城から西に派生する尾根上に築城されており、元亀3年(1572)織田信長の小谷城攻めに際し、大嶽城月所丸、および山崎丸と共に浅井氏を支援する越前・朝倉氏によって築かれたものとされる。

 福寿丸へは大嶽城から尾根を下るか、若しくは山麓の清水神社から水道タンクを経て、山道を20〜25分登る。山道横に石碑が建てられているので見逃さないようにすること。
この間、福寿丸と同時期に改修された山崎丸にも立ち寄れる。

 福寿丸は南北約50m,東西約30mほどの単郭方形の曲輪で、周囲に土塁を巡らし西側には2ヶ所の枡形虎口を設けている。
 二つの枡形虎口のうち斜面下に位置する幅3mの虎口は、空掘に守られ、掘底から土塁頂部までは3〜4mを計る。

 周囲の土塁は曲輪内からは1〜2mほどの高さであるが、南側および西側の斜面下からは6〜7mほどもあり、北国街道方面からの敵を意識しているのは明らかである。
 また、東側斜面(清水谷側)に一本の竪堀を穿ち、尾根道を通らずに斜面を迂回する敵への配慮がなされている。
なお、この竪堀は福寿丸周囲の土塁や空堀などに較べると規模は小さく、福寿丸が改修された可能性を暗示している。

 城郭の歴史
 山崎丸と福寿丸の城郭遺構のうち、土塁で形成された枡形虎口、および虎口に付随する空堀は浅井氏の小谷城や朝倉氏の一乗谷城では見ることのないものである。
これは山崎丸と福寿丸が元亀4年(1573)浅井氏が滅んだ後に改修された可能性が高いと考えられる。

 中井均氏(元米原市教育委員会)は羽柴秀吉が柴田勝家との賤ヶ岳の戦いに備え、余呉と織田信孝の居城・岐阜城を最短距離で繋ぐ北国脇往還道(現国道365号線)を押さえるために、福寿丸,山崎丸を修築した可能性を指摘されている。

 なお、福寿丸の由来は、浅井氏の一族・浅井福寿庵惟安が居城としていたことから名付けられている。


HOME湖北地区

近江の城郭