近江 愛知川館
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:愛知郡愛荘町愛知川
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :館
遺 構 :堀
城 域 : −
 現地への案内

国道8号線、不飲橋の信号から北へ右約300mの宝満寺
詳細位置はコチラ 

 駐車場
宝満寺の駐車場を利用

【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月
評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



宝満寺南側の空堀
宝満寺南側の空堀

 現地の状況
 愛知川館は愛知川の右岸にある宝満寺の一帯とされ、宝満寺の南側に隣接する八幡神社との間、および西側の国道との間に幅約2m、深さ約2mの空堀が廻らされている。
 西側の空堀に積み上げられた石積みは明らかに後世のものであるが、南側の石積みは当時のものの可能性もある。

宝満寺西側の空堀
宝満寺西側の空堀

 城郭の歴史
 愛知川館の詳細は不明であるが、一説によれば現在の宝満寺一帯であるとされている。その根拠として宝満寺の西と南に寺を取り巻くように空堀が廻らされていること。および同寺付近には阿弥蛇屋敷なるものがあり、在地郷士との関わりが考えられることがあげられている。

 また近江愛智郡誌によれば、文化5年6月宝満寺の庭地下より古銭一万個が出土したという。

HOME湖東地区

近江の城郭