近江 別所山砦
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町小谷
別 名 : −
築 城 : −
初城主:前田利家,利長
区 分 :山城
遺 構 :土塁,空堀
城 域 : −
     標高 448m
     町指定史跡

 現地への案内
交通機関
国道365号線今市から林道・池原小谷線へ

詳細位置はコチラ 

 駐車場
林道脇に2〜3台

【訪 城】2001年4月
【撮 影】2001年4月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

お薦めの書籍
お勧め度






別所山砦の曲輪と空堀
別所山砦の曲輪と空堀


 現地の状況
 別所山砦は天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いに際して、柴田勝家軍の前田利家が布陣したところである。
 別所山砦の背後の行市山には佐久間盛政が陣を敷き、別所山砦と北国街道との間の中之谷山砦には原彦次郎長頼、更に下って林谷山砦には不破勝光,毛受勝助・家照兄弟,徳山五兵衛等が布陣するなど、砦の位置関係から柴田勝家軍における前田利家の地位が副将格であったことが窺える。

 別所山砦へは、林道池原小谷線で標高約400mまで車で上がれる。標高448mの砦まではハイキングコースを約15分。その間、木之本町,余呉町の眺望が素晴らしい。

 曲輪の北側は谷に落ち込み、東西の周囲に深さ2〜3mほどの空堀と高さ1mほどの土塁を廻らせている。
曲輪へは東側から土橋を経て入るが、この土橋に対して横矢がかかるようになっており、柴田軍の砦の中では玄蕃尾城を除き、防御を最も意識した砦といえる。

 別所山砦からは行市山砦を経て柴田勝家の本陣である玄蕃尾城まで柴田軍がつくった軍用道路が続いている。
 軍道の道幅は1〜3m幅ほどもあり、馬で駆け抜けることも可能であろうと思わせる。

 余呉町は豪雪地帯で、近年は温暖化で雪が少なくなったとはいえ、4月初旬でも日陰には40〜50cmの雪が残っているため、登城は5月から11月の間がお勧め。


玄蕃尾城まで続く軍道

 城郭の歴史
 別所山は遠く鎌倉の頃より天台宗の別所山万福寺のあったところであるが、寺院は戦国兵乱の戦火によって焼失したとされる。

 天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いにおいて、別所山砦には柴田勝家方の七尾城城主・前田利家と府中城城主・前田利長父子が砦を構築し、天正11年(1583)2月初旬から4月20日の戦いに至るまでの約2ヶ月間布陣したしたところである。

 柴田勝家の玄蕃尾城の本陣より行市山頂を経て別所山・中之谷山・林谷山の各陣地は、尾根を人馬によって駆け抜けられる道によって結ばれた強力な陣地として構築された。
 しかし、4月20日未明に佐久間盛政の大岩山砦の急襲から始まった戦いは、前田利家父子の離反により柴田勝家軍は敗走することとなった。



 凸 秀吉軍の配置   勝家軍の配置
余呉湖周辺における両軍の布陣

賤ヶ岳の戦いにおける柴田軍と羽柴軍の布陣

レポート "賤ヶ岳の軍道(玄蕃尾城〜行市山砦)を歩く"

レポート "再び、玄蕃尾〜行市山の軍道を歩く" 

HOME湖北地区

近江の城郭