近江 青山城
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:東近江市青山町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:青山左近右衛門実貞か?
区 分 :平城
遺 構 :土塁,空堀,枡形虎口,障子堀
城 域 : −


 現地への案内

国道307号線、妹の信号を東入る県道217号線を青山へ
詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用
【訪 城】2001年5月,2002年4月
【撮 影】2001年5月,2002年4月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

空堀越しに観る青山城の櫓台
空堀越しに観る櫓台

 現地の状況
 青山城は愛知川右岸の河岸段丘上に築かれている。
青山城は鯰江城井元城と同様に愛知川右岸の台地上に築かれた城郭で、日吉神社,善勝寺の裏手(宮林公園横)の杉林の中に状態良く遺構が残されている。

 城域は南北30m、東西40mの方形で、周囲を取り巻く土塁は分厚く、馬踏み(土塁の頂部)で4m〜6mほどもある。また、土塁の外周には空堀を廻らせている。

 南に配した虎口は幅5〜6mで、2度の折れを入れた大きな枡形虎口で、虎口両脇の土塁は幅が広く、櫓台と考えられる。

 城域はさほど広くはないが、縄張りとスケールにおいては蒲生郡一帯の中世城郭の中でも屈指である。

 近くには鯰江城があり、この鯰江城を天正元年(1573)に織田方の柴田勝家が攻めた際に、近くに付城を築いたとされているが、この青山城の構造を見ていると、まさにここがその付城ではなかったかと考えられる。


 城郭の歴史
 「愛智郡志」によれば、この青山城は小倉一族青山氏の居城で、青山左近右衛門実貞、同左近允勝重は佐々木氏の近習であったとされている。
 青山三衛門は足利義輝に従って戦死しており、また、青山與三郎、同虎丸は信長に仕え本能寺で戦死するなど、中央政権との繋がりも深いものがあった。

 青山城と同様に愛知川の川筋には、高野城、小倉城曽根城、中戸城、鯰江城上岸本城などが築かれている。
 これらは城砦は、南北朝期から戦国期にかけて愛知川流域を支配していた小倉氏、およびその支族達によって築城されたのもである。





お薦めの書籍









青山城をもっと紹介

畝堀の一部
畝堀の一部

曲輪周囲の空堀
曲輪周囲の空堀

HOME湖東地区

近江の城郭