HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
信長が茶の湯に使った水・梅の川
 音堂川(おとんどがわ)とも云い、安土町常楽寺の大堂に所在する湧水をさす。織田信長の家臣・武井夕庵が難波より求めてきた珍茶を、ここの水で入れたところ、信長が非常に喜び。その後の茶の湯には常に使用したと伝えられる。また、ハ見寺の茶会にもこの水を使用したとも伝えられる。

梅の川
梅の川と称される湧水

【所在地】滋賀県蒲生郡安土町常楽寺
詳細位置はコチラ

【訪問日】2005年6月

【現地を訪れて】
 安土城からの距離も近い常楽寺一帯には、今も清水が流れ、当時清水をこの常楽寺から求めたというのは頷けることで、「梅の川」を称される所は現在でも水が湧き出ている。



HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡

近江の城郭