HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
南蛮寺

南蛮寺の跡
  織田信長の時代にヤソ会によって建てられた南蛮寺は、この北側、姥柳町の地にあったと推定される。戦国末期、京都でのキリスト教布教は永禄2年(1559)から本格化し、永禄4年にこの付近に礼拝堂が設けられた。数々の迫害にあいながらヤソ会宣教師は布教に努力、織田信長の保護もあって信者は拡大した。

 天正4年(1576)古くなった礼拝堂を再建することにし、数百人の信者の協力と所司代村井貞勝の援助で寛正。献堂式のミサが行われた。これが南蛮寺で信者の間では珊太満利亜(サンタマリア)上人の寺とも呼ばれ、京都におけるキリスト教と南蛮文化の中心となった。
しかし、天正15年(1587)九州征伐を終えた豊臣秀吉は宣教師追放令を発し、キリスト教弾圧に転じた。南蛮寺もこの時に破壊され、ついにこの地には復興されなかった。
現地案内板より
南蛮寺跡を示す石碑
南蛮寺跡を示す石碑



南蛮寺は室町の一角に
南蛮寺跡は室町の繁華街の一画に




【所在地】
京都市中京区室町蛸薬師
詳細位置はコチラ  多分この辺り(^^;

【訪問日】2005年3月6日
【現地を訪れて】
 南蛮寺跡を示す石碑の前には、いつも自転車が置かれ、満足な写真も撮れない有様。(^^;
京都市内の繁華街だけに、しゃーないか。



HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡

近江の城郭