HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
安養山 光得寺

光得寺の梵鐘
 この寺の梵鐘は室町時代の銘が彫りつけられており、岐阜県の重要文化財に指定されている。特に音色がよいとされている。また、織田信長が美濃攻めの時、陣鐘として使ったという言い伝えもある。
この鐘に彫りつけられている銘には、以下のごとく記されている。
文明7年(1475) 美濃国 長塚宮(現在の各務原市那加町長塚 手力雄神社)
大永5年(1515) 尾張国 高田寺(現在の愛知県西春日郡師勝町高田寺)
天正14年(1586) 尾張国 万松寺(現在の愛知県名古屋市中区大須町3丁目)
明治9年(1876) 無動寺村光得寺

 信長は稲葉山城攻略のため、この付近に二度攻め込んできている。永禄9年(1566)旧暦8月河野島(羽島郡東部一帯)へ攻め入り、斉藤龍興の軍と戦ったが、台風が来て大水となり大損害を被った。
 二度目は翌永禄10年旧暦の8月である。この時は長塚宮への戦勝を祈願して稲葉山城を攻め落とした。後日長塚宮へはたくさんの田畑を寄進している。
 三箇所目の万松寺は信長の父の信秀の菩提寺である。信秀も天文13年(1544)と16年に美濃攻めのため、この付近に攻め込んできている。この梵鐘が小型であることと、このように信長とゆかりのあることから、陣鐘伝説が生まれたのであろうか。 
現地案内板より
信長が陣鐘に使ったとされる梵鐘
信長が陣鉦に使ったと伝えられる梵鐘


無動寺の戦い
 無動寺村は今から約430年前、天文13年(1544)8月尾張の織田信秀(信長の父)と稲葉山(金華山)の斉藤道三との戦いの地である。  織田勢五千人は越前の朝倉勢七千余人と相呼応して、8月15日を期して稲葉山を挟撃せんとするや、道三は土岐八郎頼香を大将にしてお成り道筋を大手とする軍をおこし、無動寺村に進め、安養山光得寺を砦構えに取り立てた。これを知る織田勢は密かに14日夜半、寺の砦を取り巻き、四方から天を焦がさんばかりに篝火をたいた。不意をつかれた寺の内外に陣する頼香の軍営は人馬諸共興奮とざわめきに混乱を呈した。  先に道三は、近頃手なずけた松原源吾(葉栗郡松原の住人)に頼香殺害を密命していたのである。源吾はこの時ぞと郎党十数名を引き連れて頼香の寝所に乱入して自害せしめたのである。頼香は道三(義父)のために戦いながら、土岐一族を亡ぼさんとする野望の前に、何の罪もなく消えた。  大将を失った岐阜勢頼香の諸将は、なす術もなく、やむなく手勢を連れて夫々の在所へ退散し、頼香はむなしく寺の隣の藪陰に葬られたのである。  土岐藪は、この岐阜勢の大将土岐八郎頼香(土岐嫡流政房八子、道三の女婿)の墓である。
現地案内板より

【所在地】
羽島郡笠松町無動寺
詳細位置はコチラ

【訪問日】2005年3月20日
【現地を訪れて】
 現地の案内板には斎藤道三がこの光得寺を砦としたことが書かれており、光得寺はすぐ南を流れる木曽川を堀代わりに利用して砦としたことが窺える。また、土岐藪を探して光得寺周囲を歩くが、一帯は住宅地となっており開発の波にのまれて消失したのか、見つけることは出来なかった。



HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡

近江の城郭