HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
健勲神社(山形県天童市)

 天童市の健勲神社は京都の船岡山にある健勲神社と同様、織田信長を祭神としている。
天童市と織田家とのつながりは、織田信長の二男・信雄から数えて10代目の信美(のぶかず)が文政13年(1830)に陣屋を天童に移したことに始まる。

織田天童藩

 信長の死後、二男信雄は尾張・伊勢・伊賀・100万石の領主となったが、天正18年(1590)の小田原征伐で北条氏が滅んだ後、徳川家康は三河,遠江,駿河など東海5カ国から関東に移封され、信雄は織田家旧領の尾張から家康旧領への移封を命じられた。
 信雄はこれを拒否したため、秀吉の怒りにふれて改易されて、下野烏山(一説に那須とも)に流罪に処された。

 大阪夏の陣後の元和元年(1615)、家康から大和国宇陀郡、上野国甘楽郡などで5万石を与えられ、4男信良に上野甘楽郡の領地を孫・信昌に小幡2万石を分け与え、信雄自身は京都に留まり、茶と鷹狩りに明け暮れ、寛永7年(1630)死去。
 信雄から数えて9代目の信浮(のぶちか)の代になり、上野小幡から転封によって出羽高畠の藩主となり、さらに陣屋の移転にともなって出羽天童藩の藩主となり、廃藩置県を迎えた。

 なお、信雄死後、大和国宇陀郡の領地は、5男の高長が継ぎ、織田柏原藩として10代にわたって柏原の地を治め、明治の廃藩を迎えている。

健勲神社

 健勲神社は天童市のほぼ中心部、舞鶴山の西麓にある。

---------------------------- 以下、現地案内板より

 この地に鎮座まします健勲神社は天童織田藩の始祖織田信長公を祀る。
信長公は大儀を奉じて中原に駒を進め、群雄割拠して乱逆きわまりない乱世を鎮めて疲弊絶望の民衆を救い、新しい秩序を打ち立てて日本に近代化の灯をとぼし、一大企画をもたらした傑出した武将であり偉大な経世者である。
 河川,堤防の修理,道路,橋の開設,関所の撤廃,楽市楽座を設けて、市場を開放し、商人の自由な活動を促進させ、誰でも仕事や営業を自由にできるようにし、城下町・門前町などを繁栄させて貨幣の円滑な流通を図り商業の発展、民生の安定と産業の振興に意を注いだ。さらに外国との交易を積極的に進めて学問,技術,芸術,文学を飛躍的に発展させるなどその功績は極めて大きく、日本の近代化に大きな役割を果たした。
また、皇居の修理をはじめ、皇室の経済の援助、伊勢神宮,熱田神宮の修理、祭典の再興など尊王敬神の念のあつい人物であった。
 信長公は民生の安定,社会開発,文化の興隆と日本の独立に大きく貢献した世紀の英雄であり国家穏,生産増強,商工繁栄の神としてたたえられる。

明治2年11月17日 織田社(たけしおだのやしろ)の神号を宣命下賜される
明治3年10月17日 宣下により健勲神社と改称される
明治5年10月 織田家第12代天童藩知事織田信敏この地に神域をトし神社を創立す

健勲神社
健勲神社

【所在地】
天童市小路1
詳細位置はコチラ
【訪問日】2006年10月21日
【現地を訪れて】
 ひっそりとした林の中にある健勲神社を訪ねて、案内板に「織田信長公」の字を見たとき、こんな遠くにも織田信長公を祀っている神社があることに少し感激した。(^^)
 しかし、現地の案内板を読んで、東海,近畿とは違った感覚で織田信長という人物を紹介していることに少々違和感を覚えた。やはり信長が直接活躍した東海,近畿とは違って、織田天童藩を通してしか信長という人物を紹介できない土地柄のせいでしょうか。


観 光
天童市立旧東村山郡役所資料館
 維新前夜から明治・大正までにしぼり、一時代として展示するようにしました。天童市の前身天童織田藩・天童県、そして、東村山郡役所建設の時代背景となる近代の変動を、実物や解説によって構成。
天童市五日町二丁目4番8号
TEL 023-653-0631

広重美術館
天童市鎌田本町1-2-1
TEL 023-654-6555
大人 600円

天童市将棋資料館
天童市本町1-1-1
TEL 023-653-1690
大人 300円

蔵王
山形県側から“おかま”まで、蔵王エコーラインを約1時間。

お薦めの宿
蔵王温泉 五感の湯つるやホテル

山形市蔵王温泉710
TEL 023-694-9112
2名利用時 12,750円〜18,000円 /人

蔵王温泉 蔵王・和歌(うた)の宿 わかまつや

山形市蔵王温泉951-1
TEL 023-694-9525
2名利用時 16,000円〜18,000円 /人


蔵王温泉 公立学校共済組合蔵王保養所 こまくさ荘

山形市蔵王温泉932-4
TEL 023-694-9136
1名利用時 8,000円〜8,500円 /人


蔵王温泉 堺屋森のホテルヴァルトベルク

山形市蔵王温泉清水坂889-1
TEL 023-694-9300
2名利用時 15,000円〜17,000円 /人

米沢・湯の沢温泉 時の宿 すみれ

米沢市関根12703-4
TEL 0238-35-2234
2名利用時 18,900円〜21,000円 /人


小野川温泉 河鹿荘

米沢市小野川町2070
TEL 0238-32-2221
2名利用時 12,750円〜16,950円 /人

HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
 

近江の城郭