HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡
本能寺

織田信長、および本能寺の変で戦死者の合祀墓
 信長が光秀の謀反により無念の自刃をとげたのは天正10年(1582)6月2日早朝のことだった本能寺の変である。そのころの当寺は四条西洞院にあり、四町四方の広大な寺域、周囲に堀と土塁、その内部に七堂伽藍や多くの子院や厩舎を備えるという城郭構えになっていて、信長が常宿するに相応しい都で、随一の大寺院であった。

 この大伽藍が烏有に帰し、光秀の天下もわずか十数日で終わった後、信長の三男信孝は信長らの燼骨収集の作業をすすめ、本能寺の変から1ヶ月後の7月3日早くも本能寺を父信長の墓所と定めた。
 この信長の墓は、このとき信孝が建立したものである。この御廟には武将の魂とされる信長所持の太刀が納められている。
現地案内板より
織田信長廟
織田信長廟


織田信長の墓
織田信長の墓


本能寺ノ変戦没者合祀墓
本能寺ノ変戦没者合祀墓
 信長の墓の横には本能寺の変で戦没した者将兵達の墓が建てられており、織田信忠以下、菅谷九右衛門や森兄弟(蘭丸,坊丸,力丸)を含め113名の戦死者の名前が記されている。

【所在地】
京都市中京区寺町御池下る
詳細位置はコチラ

【訪問日】2004年9月13日
【現地を訪れて】
 本能寺は京都の繁華街、河原町御池の南西角にある。しかし当寺の本能寺はここにあったわけではない。当時の本能寺は、現在の本能寺の南西、直線距離にして約600m、堀川高校の北、旧本能寺小学校跡(中京区油小路通蛸薬師山田町)であり、現在では石碑が1本建っているだけである。


【京都市内の関連リンク】
  ・阿弥陀寺
  ・大徳寺総見院
  ・建勲神社

 


HOME織田信長と織田一族ゆかりの史跡

近江の城郭






お勧めの宿
ホテル嵐亭

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
TEL 075-371-1119
2名利用時 27,000円〜34,000円 /人

くらま温泉

京都市左京区鞍馬本町520
TEL 075-741-2131
2名利用時 17,850円〜21,000円 /人

リーガロイヤルホテル京都

京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地
TEL 075-341-1121
ツインシングルユース 11,000円〜12,000円 /室

ホテル法華クラブ京都

京都市下京区京都駅烏丸中央口正面
TEL 075-361-1251
シングル 6,930円〜9,240円 /室

ホテルサンルート京都

京都市下京区河原町通り松原下ル難波町406
TEL 075-371-3711
ツイン 2名利用時 4,650円〜6,600円 /人

アークホテル京都

京都市中京区壬生賀陽御所町1
TEL 075-812-1111
シングル 6,300円〜9,500円 /室

ハートンホテル京都

京都市中京区東洞院通御池上ル
TEL 075-222-1300
シングル 7,200円〜10,300円 /人

京都・烟河(亀岡ハイツ

亀岡市本梅町平松1-1湯の花温泉
TEL 0771-26-2345
2名利用時 11,500円〜18,800円/人


ホテルロイヤルヒル福知山

福知山市土師澤居山176
TEL 0773-27-5000
シングル 7,800円 /人

お薦めの書籍
お勧め度



お勧め度