のろし駅伝・八講師城参加報告 
2002年11月23日(土)

 11月23日(土)に開催された琵琶湖一周のろし駅伝に参加してきましたので、概要について報告します。

【のろし駅伝の概要報告】
 狼煙による通信の再現は、山梨県須玉町や青森県,静岡県等でも行われておりますが、今回琵琶湖を取りまく山城を狼煙で繋ぐといった壮大な試みは初めてのことで非常に注目されるイベントでした。

 当日は抜けるような青空で心配された風もほとんど無く、絶好の "狼煙日和" でした。(^^)
朝10時に太尾山城(米原町)をスターとした狼煙は、7分間閣で 一ノ城(近江町)〜鎌刃城(米原町)〜佐和山城(彦根市)〜荒神山城(彦根市)〜観音寺城(安土町)〜北之庄城(近江八幡市)〜岡山城(近江八幡市)〜打下城(高島町)〜清水山城(新旭町)〜伊井城(今津町)〜山本山城(湖北町)〜小谷城(湖北町)〜虎御前山城(虎姫町)〜横山城(長浜市)〜上平寺城(伊吹町)〜長比城(山東町)〜八講師城(山東町)の18城をリレー形式で繋いぎ約2時間で琵琶湖を一周できました・・・・・私は最後に狼煙を上げる八講師城(山東町)にいたため、湖北で上げられた数カ所の狼煙しか確認できませんでしたが、主催者から「無事琵琶湖を一周出来た」ということを聞きました。(^^)

 昔の狼煙は狼の糞を使って上げたようですが、今では狼の糞など簡単に手にはいるはずもなく、杉の生木を使ったり発煙筒によるものでしたが、結構遠くからでも肉眼で確認することが出来ました。
 以下、八講師城における狼煙上げの参加報告です。

 河内公民館前に集合した参加者は約40人ほど、遠方は土山町からの参加者も。
9時15分には、3発の花火を合図に八講師城までの約4kmの林道をハイキングを兼ねて歩き出す。




 紅葉を楽しみながら林道を歩くこと約40分、眺望の良い場所で休憩。
ここで、主催者の方から今日も狼煙が上げられる山本山(湖北町)や、河内地区にあるもうひとつの中世山城・河内城(猪鼻城)の場所などについて説明を受ける。
八講師城や河内城には吹き流しが立てられていて、両城の位置関係が分かるように配慮されており非常に有り難かった。
 途中で仲間から太尾山城,鎌刃城,佐和山城から狼煙が上がったことの連絡が入り、歩く足取りも自然に早くなる。

 八講師城に着いたのは10時半頃、主曲輪には7〜8mの高さの巨大な煙突が設置されていて、地元の方々の狼煙上げの熱意が窺えた。
 狼煙は既に観音寺城(安土町)辺りまで行っており、八講師城から見えるはずもなく、小谷城や上平寺城が見えるビューポイントを捜す。
八講師城からは小谷城,虎御前山城,横山城,上平寺城,長比城から上げられる狼煙が見えそうで、期待は高まる。

 11時24分、小谷城の金吾丸から上げられた狼煙を双眼鏡で確認、小谷城までは約15kmあるが、視力のいい人なら肉眼でも見えそうである。その後、虎御前山から狼煙が上がるのを待つが、待てど暮らせど上がらず、携帯電話による連絡では「終了した」との報告が入る。(^^;
 その後、横山城,上平寺城(弥高百坊)からも狼煙を確認、こちらはいずれも肉眼でもハッキリと見える。
 江濃国境の長比城からの距離は約4km、狼煙通信として最も期待できる距離であったが、その期待に違わず、「おー狼煙じゃ〜」といった案配。多少興奮してしまった。(^^)

 のろし駅伝の最後は八講師城。
巨大な煙突から排出される白煙は、もくもくと青空に上がり、これなら20km離れた地点からでも確認できるのではないかと思われた。
 狼煙終了後は、雄大な伊吹山や、遠くは冠雪した御嶽山の絶景を見ながら、振る舞われた焼き芋,つきたての餅をほおばり、豚汁をすすりながら地元の人たちとの交流。
大変楽しい一日を過ごすことが出来ました。 河内地区の皆様、ありがとうございました。
ただ一つの心残りは、赤米の餅を食べ逃したことです。(^^)
のろし駅伝に参加された皆さんへ

 のろし駅伝に参加されて撮られた写真をWeb上に公開されている方があれば、リンクを張らせて頂きたいと考えています。皆さん方のページを合わせれば、巨大なイベント報告が出来るのではないでしょうか。
 また、写真をお持ちの方はダイレクトメールにて報告文と合わせてお送り下されば、ご紹介させて頂きます。
なお、お送り下さる場合は、ファイル容量は100KB程度にしてお願い致します。


のろし駅伝のリンク
 ・佐和山城 (北近江の城)
 ・鎌刃城  (番場の歴史を知り明日を考える会




TopPageへ