第3回のろし駅伝〜佐和山城参加報告 
2004年11月23日(火)開催

 2002年から始まった近江のろし駅伝、このイベントに参加する山城の数も年を追うごとに増え、3回目の今年は31ヶ所の近江の山城から狼煙が上げられました。初年度は八講師城、そして昨年は弥高百坊(上平寺城)からの参加でしたが、今年は城仲間の佐和山城研究会が佐和山城からあげるのろし駅伝に参加してきました。


 今回は城仲間の佐和山城研究会メンバーが主催する佐和山での参加ということもあり、荷揚げと準備を手伝うため、朝の7時前に自宅を出て、昨夜の冷え込みで朝靄の立ちこめる繖山(観音寺城)の麓を抜けて、集合場所の佐和山麓へと車を走らせる。ラジオからは日中は暖かくなるとの予報が流れ、狼煙にとって大敵のひとつである、遠望が利かないことが予想された。
 喫茶店のモーニングで朝食を済ませ集合場所に着くと、既に佐和山城の女城主と自称するBさんと、佐和山城研究会の若手メンバーMさんが来ていた。
佐和山城本丸に幟旗、旗の向こうには彦根城

雑談を交わすうちにメンバーが次々に集まり、8時45分に荷揚げを開始。年々どこの狼煙会場でも町おこしを兼ねて、狼煙の上げ方に工夫が凝らされ、会場ではいろんなイベントが行われる中、今年の佐和山城でも佐和山城研究会の熱意で、斬新な企画が計画されているため、荷揚げの荷物も多い。10人で荷揚げを行い、山頂の本丸跡で準備を始めると、続々と仲間が集まり、準備作業も急ピッチで進む。

 10時には各地の山城で時を合わせて一斉に狼煙が上げられたが、やはり心配した通り、霞のため北方は磯山城鎌刃城地頭山城太尾山城、南方は荒神山城、湖西では打下城からの狼煙しか確認出来ない。昨年は伊吹山の中腹の弥高百坊から佐和山の狼煙がハッキリと確認できたのだが、今年は弥高百坊どころか、横山城からの狼煙さえ確認できなかった。こうした眺望の悪さで狼煙を見る楽しみは半減したものの、今年の佐和山城での狼煙は他の山城とはひと味も、ふた味も異なる楽しみがありました。
赤備えの甲冑で駆けつけた城仲間
 そのひとつが、白地の布に石田三成の紋所の「大一大万大吉」がくっきりと描かれた幟旗で、佐和山下の人家や国道からも見えるようにと、本丸の北と南に立てらた幟旗が二十数旗。
慶長5年、関ヶ原の戦いで石田三成率いる西軍が敗れ、佐和山城が落城して以来、404年ぶりに石田三成の旗印が佐和山の居城にへんぽんと翻り、三成ファンではない私にとっても感慨深いものがありました。

 また、大阪からは、赤備えの甲冑に身を包んだ二人の仲間が駆けつけ、佐和山城本丸は一気に戦国時代の雰囲気で盛り上がった。
近江で赤備えと云えば「井伊の赤備え」であり、佐和山城に徳川四天王の井伊の赤備えでは・・・・と思いきや、彼らの旗指物は五七の桐紋に「大阪城甲冑隊」と書かれており、大阪城から西軍の援軍が佐和山城に駆けつけたというシチュエーションです。
眼下には彦根城をおき、関ヶ原の戦いから404年後の佐和山城では「逆説の日本史」を見ているようでした。(^^)
青空に上がる狼煙

 大坂から駆けつけた二人が着用していた甲冑は手作りで、兜はFRP製、鎧は厚手のボール紙で作られたものですが、これが実によく出来ていました。特に鎧は赤ペンキが何度と無く重ね塗りされ、そのペンキの中にはセメントが入れてあると云うことですから、本格的です。叩けばコツコツと硬質な音がして、聞かなければボール紙で作られているなどとは全く分かりません。
 おまけに、手作りの法螺貝まで持参でした。このホラ貝、ペットボトルで作られたものですが、吹くとブオ〜、ブォオ〜と法螺貝らしき音も出て、こちらも実によくできていました。
今回、私が佐和山城ののろし駅伝に参加をしたのは、website上で紹介されているペットボトル法螺貝の見事さに度肝を抜かれ、是非とも作ってみたい、吹いてみたいとの想いからで、佐和山からの定刻の狼煙上げが終わると、早速その法螺貝の作り方を伝授いただきました。(^^)
作り方は至って簡単ですが、吹き方が結構難しく、ようやく法螺貝らしき音が出たのが練習を初めて約1時間、下山途中からでした。
 法螺貝の話はさておき、狼煙終了後は彦根市花しょうぶ通り商店街、彦根左近の会から豚汁やおにぎり、それに大一大万大吉饅頭等の差し入れがあり、おいしく頂きました。差し入れ頂いた、彦根市花しょうぶ通り商店街と彦根左近の会の皆さん、ありがとうございました。
全員揃っての記念撮影

 また、彦根ボランティアガイド協会の会長から「狼煙」についての説明などもあり、天候に恵まれ、真っ青な空にあがる狼煙に、紅葉したモミジをバックに佐和山城本丸にはためく大一大万大吉の旗、赤備えの甲冑武者と法螺貝、それに大勢の城仲間と地域の人達との交流等々。色彩感豊な佐和山城での、実に楽しい一日でした。
 佐和山城研究会の皆さん、また狼煙あげに協力された皆さん、お疲れ様でした。来年はどんな企画がされるのか、非常に楽しみです。(^^)






近江の城郭