Photo Library

近江の城郭
− 姫路城(兵庫県)−
 現在の姫路城は原形は、慶長5年(1600)関が原の戦後に徳川家康の女婿の池田輝政が築いたものである。
当時徳川方の城として、豊臣方の大阪城より西に築かれ唯一のもので、西国の豊臣方大名達の動向に対して牽制する目的で築かれた城である。

HOME > 写真ライブラリー2 姫路城


DSC_3444

西の丸から見る姫路城天守閣
DSC_3448

東側、との門付近からみる姫路城天守閣
HH9_5312

漆黒の闇に浮かび上がる姫路城天守閣
HH9_5360

夜明け前の天守閣
HH9_5369

朝日に輝く姫路城天守閣
HH9_5384

朝日に染まる姫路城天守閣
HH9_5389

螺旋式(らせんしき)縄張りを構成する櫓群
HH9_5398

東側から見る姫路城の全景
HH9_5409

東側から見る姫路城の全景
HH9_5415

北側から見る渡り櫓と大天守
HH9_5421


HH9_5438

[Library 1]  [Library 2]

写真の著作権は撮影者が有します。
非営利目的で個人的な仕様に限り、観賞用としての使用は可。それ以外の目的での利用は不可。
また、著作権所有者への事前の承諾を得ること無しに、いかなる手段においても複製・改変・再配布することを禁止。


近江の城郭 に戻る