HOME > 湖南地区 > 近江の城郭 湖南地区
近江の城郭・湖南地区(登録数:26城)
芦浦観音
芦浦観音
 湖南地方は、伊勢路(東海道)と美濃路(中山道)の分岐・合流地点であり、また湖上交通の要衝の地として古くより栄えた。

 こうした要衝の地を重視した近江守護職・六角氏は、この地に多くの城を築いている。また本願寺代8世蓮如が一時期滞在したこともあり、金森御坊を中心とした一向一揆の城も築かれているが、地形が平坦であるために比較的規模の小さな平城や城館が多い。

城の名称 所在地 概 要 お勧め度
永原御殿update 野洲市永原 徳川時代に将軍上洛の宿舎として造られたもの
★★
上永原城 野洲市永原 徳川時代に永原御殿が建てられ、貞享3年(1686)幕府の命により廃城
北村城(木村城) 野洲市北 26代目当主・木村氏が今もお住まい、表門は当時のまま現存 ★★
三上陣屋 野洲市三上 美濃郡上八幡の遠藤氏が常陸・下野で再興、近江に移封され構えた
三上城 野洲市妙光寺
妙光寺山の山頂付近に位置しており、城郭遺構は明瞭に残っていない
三上城出城 野洲市小篠原 妙光寺山の山麓にあり、削平地,竪堀が残る
三上館 野洲市妙光寺 中屋敷と下屋敷跡には周囲に土塁と堀が残っている ★★
小堤山城update 野洲市小堤 野洲・栗田郡内で最大の山城と云われ、山頂には石垣が残る ★★
古城山城 野洲市大篠原 小堤城山城と尾根続き山にあり、広い削平地に土塁,石垣が残る ★★
桜生城update 野洲市小篠原 湖南地方における城館の代表格 ★★
桜生出城 野洲市小篠原 桜生城の出城で中山道を押さえる位置に築城されている
市三宅城 野洲市市三宅 永原氏の支城で、永原出雲守孝房が在城していた ★★
夕日ヶ丘城 野洲市成橋 星ヶ崎城から約2km南西に位置し、中山道を押さえており、鏡氏の支城か
比留田城 野洲市比留田 堀と土塁の一部が残る
光明寺遺跡 野洲市西河原 三重の堀に囲まれた居館跡とされるが、埋め戻しされ、今は市街地
落窪城 野洲市乙窪 落窪の戦いに関連した城か、周囲を取りまく堀と土塁が残る ★★
六条城 野洲市六条 ★★
吉地大寺遺跡 野洲市吉地
浮気城update 守山市浮気町 北条氏の出である浮気氏が北条時綱時代に浮気領に築城 ★★
矢島御所 守山市矢島町 足利義昭が足利家承継のために拠った所で、15代将軍になるまでの約1年あまり居住した
金ヶ森城update 守山市金森町 石山本願寺・顕如が信長に対して宣戦布告(石山合戦)を行うと、近江の一向衆もこの金ヶ森を拠点に信長に立ち向かう
欲賀城 守山市欲賀町 詳細不明、場所を特定できず
立入城 守山市立入町 六角氏に仕えた立入因幡守清直の居城 ★★
三宅城 守山市三宅町 一向一揆衆が対信長に対し籠城した、土塁と堀が残る ★★
大林城 守山市大林町 宇野久実の居城
守山城 守山市守山町 六角氏が対信長戦に備えて築城
勝部城 守山市勝部町 六角氏征伐時の武田氏の陣
木浜城 守山市木浜町 進藤氏の居城
大槻氏城 守山市木浜町 関所奉行大槻氏居館
今浜館 守山市今浜町 詳細不明
出庭城 栗東市出庭 詳細不明、場所を特定できず
鈎陣屋 栗東市上鈎 将軍直尚が六角高頼を親征するために近江に出兵した時の陣屋
多喜山城 栗東市六地蔵 地形を巧みに利用して造られた枡形虎口は実に見事 ★★
山寺城 草津市山寺 小さいながらも2段に曲輪を配した悌郭式の城郭、詳細不明
芦浦観音寺 草津市芦浦町 観音寺は琵琶湖南の航行権を握り、寺とは名ばかりで城郭そのもの ★★
青地城 草津市青地町 近江源氏七騎の一流、青地氏12代の居城 ★★
山田城 草津市山田町 六角氏の家臣・山田氏の居城。山田氏は永禄11年織田信長軍により滅ぼされ、のち織田信長が比叡山攻撃のおりに入城
  : 個人的に関心度の高い城

湖北地区の城 湖東地区の城 東近江地区の城 甲賀地区の城 大津・志賀地区の城 湖西地区の城

近江の城郭 に戻る




滋賀県・湖南の日帰り温泉情報
野洲市
ほほえみの湯
野洲市小篠原 2199
TEL 077-586-2683
大人 550円
無休
mapfan
守山市
みずほの湯
守山市水保町1172-1
TEL 077-584-3726
大人 650円
無休

お薦めの書籍
お勧め度