安土城の血天井(大崎寺)

 天正10年6月2日払暁、明智光秀が主君織田信長を京都本能寺に殺害した後、信長の居城安土城を攻めた。その際に城を守っていた蒲生賢秀は変を知るや信長の夫人,幼児らを奉じて中野城(日野城)に難を避けたが、襲撃の目的が達せられなかった光秀はせめて金銀なりとも奪って家臣に与えようとしたため、攻撃は惨を極め、城に居留まっていた信長の家臣は、みな奮戦の後に切腹して果ててしまった。  天正晩年、豊臣秀吉がこの時戦死した人々の菩提を弔うため、その忠血で彩られた城材をもって大崎観音堂の修繕に充て、大いに法要を営んだ。これが安土の血天井と呼ばれ、昭和41年の観音堂改修に際し本阿弥陀堂に移されたものであるが、今も梅雨時には血痕が滲み出し、その痕跡が現れると云われている。
 現地案内板より



大崎寺の阿弥陀堂





阿弥陀堂の天井

 阿弥陀堂の内部は暗くて天井がどのような状態かよく分からなかった。仮に明るくても、400年以上前に染みついた血の跡など分かるはずもありませんが。(^^;

【所在地】滋賀県高島市マキノ町海津 大崎観音寺
詳細位置はコチラ
【訪問日】2005年5月28日



蘇る安土城に戻る


近江の城郭に戻る